仮装通貨というとビットコインが思い浮かぶ人が多いでしょう。

しかし、仮装通貨はビットコインだけではありません。

 

本記事では、ビットコインに次ぐ、第2位の時価総額を誇るイーサリアムの特徴、ビットコインとの違いをご紹介します。

 

イーサリアムの一番の特徴は、スマートコントラクトというものです。

スマートコントラクトには、取引上の契約を自動的に実行、保存する機能があります。

 

誰がいつ、誰に対して送金したのか、といった契約内容が自動的に行われて、その内容が半永久的にネットワーク上に保存されるのです。

 

契約内容の履歴が蓄積されるということは、信用情報を積み重ねていることと同義になります。

そして、その信用情報はいつでも誰でも監視できるようになっています。

 

そのため、偽造や改ざんが非常に困難となっており、セキュリティ面が優れていると言えるでしょう。

 

こうした特徴がイーサリアムと、ビットコインの違いを生んでいます。

ビットコインは全ての取引記録を管理はしています。

 

一方で、イーサリアムはそれに加えて、前述したように取引上の契約を自動で保存しており、セキュリティ面でビットコインよりも優れています。

 

また、ビットコインでは、ビットコイン以外の売買や記帳ができませんが、イーサリアムは、金や株式といった仮装通貨の取引枚数以外の情報と既存の仮装通貨の情報を関連付けることができるようになったため、多種多様な仮装通貨の取り扱いが可能となっています。

 

イーサリアムは、ビットコインをより発展させたものと考えるとよいでしょう。