近年ネット上で、仮想通貨の存在感が高まりつつあります。仮想通貨というのは現実には存在しない、仮想空間の中にある通貨のことで、現実ではないその世界の中でだけ、お金として使用することができます。

 

仮想通貨の主なものにはビットコインがあり、ビットコインはネット上の様々な所で、国を超えた世界共通の通貨としての認識を持たれるようになりました。

ビットコインはインターネットの中で、同じようにお金として使える電子マネーと度々混同されます。

 

しかし似たように見えても、ビットコインと電子マネーは違う物で、同一に認識することはトラブルの元となります。

ビットコインは仮想通貨であって、実際の通貨ではありません。

 

ビットコインはいわば課金して購入する、ゲームの中でしかつかえないアイテムのようなものです。

ゲームの中でできることが多いので、実際のお金に近い使い方ができるというだけです。
電子マネーはビットコインと同じ見えないお金ですが、現金で行うのは換金ではなくチャージであり、チャージした後はコンビニやスーパーなど、現実のあらゆるお店で使えます。

 

参照:【仮想通貨の始め方】話題沸騰中のビットコインの魅力と実力に迫る

 

電子マネーがリアルな店舗でお金の役割を果たすのは、現金にあった価値を失っていないからで、だからこそネットを出ても通貨として使うことを許されます。

 

仮想空間の中に、現実世界と同じように充実したコミュニティが設立した暁には、ビットコインの価値は今よりずっと大きなものになるかもしれません。

しかし現在の所、それは限定された価値しかもたないものです。