何もせずに毎月お金が手にはいる家賃収入!余っている物件があれば是非とも運用したいところ…

マンション投資や不動産投資はお金持ちだけのもの?と思っているかたも多いと思いますが、実は若い女性で、物件を持っていなくてもできます。

というのも、ワンルームマンションで中古物件であれば、ある程度の資金で購入することができますし、購入からローン組み、マンションの入居者探しや家賃請求までしてくれる会社もあるのです。

 

住宅ローンさえ組めれば月々家賃ていどの出費で、更に家賃が入ってくるのでうまくいけば利益がでるのに時間をかけない方法もあります。

それなら新築の方がきれいだし入居者も入ってくるんじゃないの?と、思うところですが、新築には宣伝費用等の、新築の費用がかかります。

 

最初の入居者に対して新築だからと高い家賃をとれていたとしても、退去されてしまったら次からは「中古物件」になってしまうのです。

つまり、「新築」だから高い価値があるのは最初だけなので長い目で見ると中古物件の方が利益になりやすいのです。

 

更にアパート物件の場合は、一室にすべきか一棟で考えるかが問題になります。

一室だと、最初の投資はもちろん安くすみますが、家賃収入としての利益は少ないです。

一棟であればもちろんそれだけの収入が入ります。

 

しかし、管理を業者に頼むのか?家賃が滞納した場合の交渉はどうするのか?入居者が入らない場合はどうするか?といった課題が大きくでてくるので、自分の資産と将来設計とよく相談をしましょう。

マンション投資は手元に現物が残るのが魅力的です

世の中には数多くの投資がありますが、大なり小なり多少のリスクを抱えています。その中でも最も大きなリスクとなるのが、現物が消えて無くなってしまうような投資です。

 

例えば、FXに代表されるような貨幣通貨の差額による投資などは最たるものと言えるでしょう。こうした投資の怖い所は、損失が発生してしまった時点で、手元には現物が消えて無くなってしまい、挙句は借金や負債だけが残されてしまうということですよね。

 

弱り目に祟り目ではないですが、こうした怖さのある投資は出来るだけ避けるのが無難です。もっとも大きく利益を上げようと思うのであれば、こうした投資も有りですけどね。

 

だからこそ限りなくリスクを減らし、かつ手元に現物が残る投資方法が推奨できるものとなるわけです。そこでおすすめしたいのが、マンション投資なんですよ。

 

マンション投資は、マンションを一棟、あるいは一部屋などを購入して、それを人に貸して家賃収入を得るという投資方法です。

一般的に購入金額から換算して、どのくらいの年数でそれが回収できるのかを勘案しながら家賃を設定していきます。概ね地域の家賃相場に合わせた金額にはなると思いますが、大体10年から20年ほどで回収できるような家賃設定が基本的な考え方ですね。

 

もちろんそれ以降はまるまる収入になるわけですし、何よりも現物としてマンションがずっと残ることは大きな心の支えにもなります。最悪の場合、自分で住めば良いわけですからね。

ちなみに、マンション投資をする際には立地は最重要項目として見るようにしましょう。利便性が最も重要な要素ですので、住み心地よりもそちらの方が重視される傾向にあります。

 

そして何よりも、地価が高騰をしていけばそれだけマンションの価値も上がりますからね。その場合には家賃を上げて家賃収入を増やせばよいですし、あまりにも上がってしまった場合は途中で売却をして差益を得ても良いです。

 

いずれにせよ、立地が良ければ大きな値下がりと言うことも現時点では考えづらいので、良い物件があれば迷わずマンション投資を検討されてみてはいかがでしょうかね。